News お知らせ

お知らせ

株式会社IMKとACEGYM代表シェレン イースン 佑太が業務提携。世界基準のフィットネスサービスを提供するためにフィットネス業界での協業を発表。

株式会社IMK(読み:アイエムケー、CEO:小林亮太、以下「当社」)は、ACEGYM (CEO:シェレン イースン 佑太、以下「ACEGYM」)と業務提携を行い、フィットネス業界において新たなサービスの立ち上げ、提供を開始いたします。(締結日2020年6月29日)

デジタルマーケティング、PRを事業ドメインとする当社では国内の著名ドクターやプロゴルファーなどのプロデュースを手がけてまいりましたが、ACEGYM代表のシェレン イースン 佑太と協業し世界基準でのフィットネスサービスの提供やD2Cブランドの立ち上げによる商品開発など複数事業の展開を行ってまいります。

 

<業務提携の背景>
国内のプロスポーツ選手やエグゼクティブを対象に、世界レベルのトレーニングを提供してきたACEGYM代表のシェレン イースンは自身が世界を見る中で得たメソッドをより多くの方へ届けるパートナーを探しておりました。

一方当社はデジタルを活用したマーケティング支援や教育コンテンツの制作、著名人のプロデュースを長らく手がけてきており、フィットネス業界での新規事業のリリースおよびスケールによりイースン氏が提唱する「世界基準のフィットネス」を広げてまいります。双方の強みを活かし、日本のフィットネスレベルを数段引き上げることが出来ると考えております。

 

<業務提携により目指す世界>
「世界水準」のトレーナーを育成するための仕組みづくりやWEBコンテンツの制作をはじめ、プロテインやサプリメント、アパレルブランドなどの商品開発から販売までもサポートいたします。日本のフィットネスは遅れていると言われておりますが、本物の情報、サービスを提供し続けることで日本のフィットネスを世界で通用するレベルにしていきます。